「身を捧げる相手は生涯にたった1人だけ」だった昔と違い、性行為に対する考え方はかなり奔放になりました。
それでいて、「性病は恥ずかしいもの」という気持ちは昔のまま。だからこそ若者を中心に性病は蔓延しているのです。
でも性病が流行っている理由はそれだけではありません。実は自覚症状がない性病というのも数多くあるのです。
女性の多くは性病にかかっていることに気づかないままに性行為をして、更に感染を拡大させているのです。

たとえば性病の中には女性の80パーセントは自覚症状がないというものもあります。
なぜなら初期段階ではオリモノの量が増えたり白っぽくなったり、下腹部に違和感を覚えたり、生理痛が重くなったりといった程度です。
このくらいの変化は生理前に普通にあるという方も多いでしょう。そのため自身が性病になっていると気づかないのです。
もしかして、と思ってもわざわざそのために検査に行くのは抵抗があります。
しかも恐ろしいことに、この病気こそが性感染症の中でも最も多いとされている病気なのです。すでに2万5千人近くの感染者がいます。

2番目に感染者が多いと言われる性病も80パーセントの女性は無症状です。それでいて1回の性行為で30パーセントと高い確率で感染してしまうのです。
日頃からオリモノの状態には注意しておきましょう。生理日以外で出血が見られた場合などにも検査してみた方がよいです。

痛みや痒みのないイボが陰部にできたり、オリモノの色や状態が変化したりと性病の種類により症状はさまざまです。
とはいえ、出血や激しい痛みでもない限りはちょっとした変化だとついつい放置してしまいがちです。
特に若者にその傾向が強いことから性病はどんどん蔓延しているのです。遅い対応は症状を悪化させ完治までに時間がかかります。
場合によってはすでに菌が膣内から奥深くに入り込んでしまっていて不妊症やエイズなど人生に関わるような大変な状態に発展することだってあるのです。だからこそ注意が必要となるのです。

性病を放置したままだと不妊症になることもある

最初は自覚症状なしでも対応が遅いと更に悪化して痛みなど伴うようになります。
そして放置していると不妊につながるのです。性病の多くは菌が感染しているのです。
放置していても自然に治ることはほとんどなく、どんどん繁殖力を増して症状が悪化していく一方です。
とにかく早く抗菌薬を服用して菌を死滅させることこそが大切なのです。

性行為というのは陰茎と膣の粘膜とを結合させる行為です。その際に感染するのです。
妊娠を防ぐためのコンドームですが、それを間に挟むことで菌への感染もある程度は防ぐことができます。
普段のセックスは必ずコンドームを着用するようにしてください。
最近ではオーラルセックスなど性行為の方法も多様化し、だからこそ膣だけでなく咽喉などに感染する人も増えています。
性行為に対する正しい知識を持つことも大切なのです。

もしもオリモノや下腹部に違和感があると感じた場合、ただそれだけで病院に駆け込むのは抵抗があるのなら、検査キットを取寄せてみましょう。
自宅にいながらにして性病に感染しているかどうかを検査することができます。匿名で行うことも可能です。
インターネットで注文し、必ずパートナーと一緒に調べ、もしも感染していることが分かればパートナーと一緒に完治させてからまた性行為を楽しむようにしましょう。

今は楽しみのためのセックスかもしれませんが、将来的には子供を望むようになるかもしれません。
そのときに後悔しないためにもただ自由奔放にセックスを楽しむのではなくきちんとした相手ときちんとしたセックスをしてください。
もしものことがあった場合、困るのは自分なのです。不妊症はもちろん、性行為の代償として死が訪れる場合だってあるのです。