ヘルペスは全身どこにでも発症する疾患ですが、特に口の周り、顔面や上半身、もしくは性器を中心にして症状が現われることが多いのが特徴です。
帯状疱疹とよく似ていますが、帯状疱疹と違ってヘルペスは一度感染すると再発を繰り返します。
一度感染したヘルペスウイルスは、神経の細胞に潜んでいて再発の機会をうかがっています。
例えばストレスや疲労、病気などで免疫力が低下しているときヘルペスが発症しやすくなります。

ヘルペスは感染力が強いのでくしゃみや咳、唾液などで他の人に感染することがあります。
特に抵抗力の小さい乳児や高齢者、病人などのいる家庭では注意が必要です。
症状が出ているときはタオル、コップ、茶碗などを共用するのは止めた方が良いでしょう。

初めて感染した時は、症状が強く出ることがあります。皮膚がひりひりする、痛がゆいといった違和感から始まり、やがて赤い発疹がまとまって出現します。
時には熱が出たりリンパ腺も腫れることがあります。唇や口の周りにできた時は、痛みが強く食事をするときに非常にしみることがあります。
さらに症状が進行すると、水ぶくれができるようになります。

水ぶくれが出来ても決して触ってはいけません。水泡の中には水のような液体が入っていますが、そこをさわるとウイルスが手について、体のほかの部分に感染を起こします。
それが目に入ると大変危険なことになります。水泡ができて数日たつとやがてそこはかさぶたになり、治っていきます。

発症から治癒までおよそ2週間ほどかかりますが、早期にアシクロビルなどのウイルス薬で治療すれば早めに症状が良くなります。
アシクロビルは水に溶けやすいという利点があるので、大量に投与することが可能です。

治療方法としては、外用薬や内服薬の投与が主ですが、症状がひどい人は入院が必要となり、抗ウイルス薬や抗生剤の点滴をすることもあります。
水に溶けやすいアシクロビルを治療にうまく利用することも可能です。
再発をした場合でも早めにウイルス薬を投与すれば、症状がひどくなる前に治すことができます。
特に再発を繰り返すヘルペスは、症状が軽いうちにウイルス薬でしっかり治療をすることが必要です。

アトピー性皮膚炎の人はヘルペス感染に注意

アトピー性皮膚炎の人はヘルペスの再発を繰り返すことが多く、重症化しやすいのでヘルペス感染に特に注意が必要です。
アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリア機能が低下しているのでヘルペスのウイルスが侵入しやすい状態になっています。
ヘルペスの状態が悪化したカポジ水痘様発疹症になると、広範囲にわたって水泡が現われリンパ腺が腫れたり高熱などの症状を引き起こします。

ヘルペスに感染しても最初は、軽いかゆみや赤い発疹といった程度でアトピー性皮膚炎と見分けがつきくいという特徴があります。
ヘルペス感染に気が付かずにそのままアトピー性皮膚炎の治療薬であるこうステロイド剤を塗り続けると、症状はますます悪化してカポジ水痘様発疹症が重症化します。
ときには命の危険を伴うことさえある危険な状態になることがあります。

カポジ水痘様発疹症は他の湿疹と間違えられやすいので診断がつきにくく、悪化してしまう傾向が見られます。
カポジ水痘様発疹症は水疱瘡に良く似た発疹ですが、ある部分に集中して出現するのが水疱瘡との違いです。
いったんカポジ水痘様発疹症が発症すると、大型の発疹が急速に全身に広がっていきます。
もともとアトピー性皮膚炎のある人は、皮膚に傷がある事が多いのでそこから細菌が侵入しやすく細菌感染してとびひになることもあります。

アトピー性皮膚炎を発症している人は、ヘルペス感染を予防するためにもふだんから皮膚の状態をなるべく良い状態にコントロールしておくように注意が必要です。
皮膚科の医師の指示通りに抗ステロイド剤の投与や保湿剤の使用などを心掛けることが大切です。
もしもアトピーかヘルペスか見分けがつかない場合は、皮膚科で患部の皮膚組織を採取して調べれば簡単に診断がつきます。