口の周りに発疹や水ぶくれができる、これは口唇ヘルペスの症状です。
どこかでヘルペスウイルスを持つ患者と接触したか飛沫を浴びてしまったのでしょう。
最初は口の周りの皮膚にピリピリやむずむずといった不快感を覚えるだけですが、その後赤みや水ぶくれが出てきます。
特に初感染の際には大きな水ぶくれが多発したり熱が出たり、リンパ節が腫れたりと大変です。

性器周辺にできる性器ヘルペスというのもあります。こちらは性感染症の一つであり、性行為をすることでうつる場合が多いです。
性器やおしりの周辺にブツブツや水ぶくれ・ただれができるのです。こちらも初感染の際には強い痛みや発熱が伴われる場合もあります。
最近では性行為を行う年齢が低年齢化していることから若年層の患者が増えてきています。

どちらもヘルペスウイルスが原因の病気であり、ウイルスをやっつける薬が必要です。
放っておくとウイルスはどんどん繁殖して症状が悪化していく一方です。
ヘルペスを治すための薬、その一つがゾビラックスなのです。有効成分はアシクロビルのプロドラッグです。
ヘルペスウイルスの合成を阻害することで増殖を最小限に抑えてくれるのです。
ゾビラックスは、基本的に5日間継続して服用することで症状を沈静化させることができます。水ぼうそうに対しても効果があります。
ただし、どこに感染しているかで服用方法が若干変わってくるため、注意は必要です。
1錠が200mgのものと800mgのものとが売られているため自身の症状に合った方を選んでください。

用法用量を守って飲んでいれば副作用を心配する必要はありません。
副作用が比較的軽い安全性の高い薬のため、外用薬タイプのものは市販も認められているほどです。
とはいえ症状がまったくないというわけではなく、場合によっては頭痛や眠気・吐き気・かゆみ・むくみ・下痢・発疹といった副作用が起こることもあるため注意しましょう。
副作用が強く現れる、5日以上経っても症状が消えないという場合には医師に相談してみてください。

個人輸入サイトを利用すると病院に行く手間が省ける

アシクロビルのプロドラッグ、ゾビラックスですが、口唇のヘルペスならまだしも性器ヘルペスともなるとどうしても病院で医師に診てもらって処方してもらうのは抵抗を感じるものです。
それなら個人輸入代行を利用して海外医薬品を手に入れるようにしましょう。
海外医薬品の場合、日本で買うよりも安いです。
それに海外からの輸入と聞くと面倒ですが個人輸入代行業者にてさまざまな手続きは代行してくれるのでインターネット通販で商品を買うのと同じように薬が手に入るのです。
安いし便利な機能、忙しい毎日を送る現代人にこそ使っていただきたいです。医薬品とはいえ処方箋はいりません。それにまとめ買いだって可能です。

実は、ヘルペスはゾビラックスなどの薬を用いて症状を治めることはできます。
とはいえウイルスはすでに体内の神経節にもぐりこんでしまっているため根絶やしにすることはできないのです。
一度感染すると一生住みついて、免疫力が弱ったときなどになんども再発を繰り返すのです。
高熱が出たり水ぶくれが大きくなったり、リンパ節が腫れたりといった強い症状が起こるのは1度目の発症時だけです。

とはいえ、再発するたびに水ぶくれや赤みが出るのは、それほどひどくはないとはいえ見た目もあまりよくはありません。
違和感があると感じた時点で服用し少しでも早く症状を治めるためにも、まとめ買いして常備薬として置いておけると便利なのです。
性器ヘルペスの場合、男性以上に女性が、特に20代の若い女性が感染することが多く、再発時には小さな水ぶくれやただれ程度で終わることが多いです。

そのためにわざわざ病院に行くのは勇気が要るでしょうし、とはいえ放っておいて性行為をすればどんどん感染を拡大していくばかりです。
そうならないためにも、もしかしてと思ったらすぐにゾビラックスを使えるようにしておくとよいでしょう。

ゾビラックスを通販サイトで購入する場合はここから